内臓の疲れ

内臓の疲れに気づかなくなっていませんか?

近年、「内臓」がこれまでになく注目されています。

以前は「脳の命令を受けて動く」と考えられていた内臓ですが、実は自らメッセージを発し、脳やほかの臓器と連絡を取り合いながら働くことがわかってきたのです。胃や腸・肝臓・膵(すい)臓ぞうなどの臓器は、互いに連携をとりながら消化活動や呼吸や血流の調整を行なっています。ひとつの臓器をほかの臓器がフォローすることもあり、胃が不調なときは腸が消化の手助けを行なっています。

反面、負担が継続的にかかると、不調の連鎖が起こります。胃の酷使が続いた結果、腸もフォローしきれずに不調になり、それを手助けしようとするほかの臓器にも悪影響が出る、という負の連鎖です。

現代人、とくに疲労の溜まりやすいビジネスマンにはそうしたケースがよく見られます。暴飲暴食による胃腸の疲れはもちろん、ストレスや睡眠不足が内臓に悪影響を及ぼすことも少なくありません。
もっとも危険なのは、内臓の疲労を自覚できなくなること。継続的な疲労状態に慣れてしまい、不調に対する感受性が落ちた状態です。それを何年も放置すると、ガンや脳卒中など、大きな病気につながる恐れもあります。

日本健康予防医学会では、疲労解消の食生活をテーマに、健康的な食生活と有効性の高いサプリメントなど、基礎となる知識と応用について、今後様々な情報講座を展開します。