【専門部会2】関節疾病予防専門部会

関節疾病予防専門部会の廃止と新制度への移行措置について


会員の皆様におかれましたは、ご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、当専門部会にご登録いただいている皆様に、当専門部会の廃止をご案内いたします。これまでのご支援・ご協力に感謝申し上げますとともに、廃止とする事について深くお詫び 申し上げます。以下、経緯と今後の新制度についてご案内させていただきます。

コロナ禍の中で経済活動が縮小するとともに、対面での治療や運動指導にも多大な影響が生じております。その結果、会員の皆様の施設の経営にも多大な影響が生じたことを聞き及んでおります。一方で、当専門部会としても対面でのセミナーをオンラインに変更せざるを得なくなり、 新たな会員サービスを展開する余力がない状態にあります。

さらには、当学会として、健康医学の幅広い分野の事業を展開する予定としておりましたが、関節疾病予防以外の専門部会の活動が活性化されていない事についても課題を感じて おりました。

上記のような状況を鑑み、今年度(2021年3月)末をもって関節疾病専門部会の廃止を決定させていただきました。皆様のご期待に沿うことができず、あらためて深くお詫び申し上げます。すでに関節運動指導士の資格を取得された方に不利益が生じないよう、移行措置を検討してまいります。基本的な方針は以下の通りとなります。

<新制度について>

1. 関節疾病専門部会の事業をそのまま引き継ぐ形で、2021年4月に「リアラインイノベーション研究会(仮称)」を発足します。

2. 関節運動指導士の資格者メリットは上記研究会が引き継ぎます。

3. 研究会では、これまでのように関節に興味のあるヘルスケアの専門職に加えて、工学、 機械、AI、プログラミングなどを得意とする方にも参加を募り、次世代のヘルスケアイノベーションを創造する研究会とすることを目指していきます。

<移行措置について>

1. (一社)日本健康予防医学会の会員ステイタスについては、2021年度の年会費支払い期限(2020年の支払日から1年間)まで有効です。

2. 2021年以降、当学会の会員を更新されるか否かについては任意となります。次回の年会費のお支払いの時期にご検討ください。

3. 「リアラインイノベーション研究会(仮称)」の会員制度については別途ご案内差し上げます。

4. 関節運動指導士資格保有者の方におきましては、2021年3月31日時点で保持されているレベルが、そのまま「リアラインイノベーション研究会(仮称)」で引き継がれます。有効期限が切れている方はマイページより資格更新手続きをお願い致します。 ※今年(2020)度におきましては、CEU更新は不要でございます。

まずは、第一報をご案内させていただきました。今後、新制度の骨格が固まりましたらあらためてご連絡させていただきます。 末尾になりますが、コロナ禍の終息と皆様のますますのご活躍をお祈り申し上げます。 今後ともよろしくお願い致します。

(一社)日本健康予防医学会 関節疾病予防専門部会長 蒲田和芳

詳細および今後の問合せ先
https://realine.info/blog/280