【専門部会1】歩行運動療法専門部会

本学会では2020年度より、認知行動療法とバイオメカニクスの観点から新たに開発された姿勢改善の医療機 器デバイスを用いた歩行運動療法に特化した医療従事者向け「歩行運動療法指導士」養成講座と、健康経営、健康予防促進関連事業者向けに本医療機器機器取扱い資格を有する上で必須の基本概念を習得する「健康予防アドバイザー」社会人養成講座を同時に新設いたします。
このプロジェクトは首都大学東京健康福祉学部との生活に根ざした予防医療をテーマに、より広い領域での研究を行っており、この度、最も基本的な歩行運動療法を効率的に行えるデバイス研究とそのデバイスを活用した運動療法・評価プログラムの開発が基になっております。
【 カリキュラムは首都大学東京/健康福祉学部理学療法士学科で作成中 】

「歩行運動療法プログラム」とは
本学会が定める評価プログラムに医療機器デバイス「ファンクショナルハーネス」 (医療機器区分: 第3種 QMS非能 動型牽引ハーネス)を用い、個別機能訓練に導入することで厳格な評価を均一的かつリア ルタイムに解析ができ、より安全で効果的な成果が期待できます。また指導員の新たなスキル向上にも繋がり、リハビリ現場での効率性を高めることにも繋がる新たな運動療法プログラムです。特に通所リハビリ、デイサービスにおける個別機能訓練指導においても、より安全且つ効率的に行う上で歩行・バランス訓 練を中核に構成されたプログラムですので医療系指導者の元、介護・ヘルパー職の方も学ぶ(健康予防アドバイザー資格として)ことが可能です。

受講対象者
「歩行運動療法指導士」は、循環器、整形、産科、呼吸器、歯科、精神科など、運動療法を治療・リハビリの一環として活用する医療従事者を対象とします。 「健康予防アドバイザー」は、健康予防において運動療法を取り入れるために必要な知識とデバイスの取扱 い方法を学びます。健康寿命、健康経営関係者及び今後取組みを考えてる一般の方を対象とします。


「歩行運動療法指導士」
運動療法指導が循環器、整形、産科、呼吸器、歯科、精神科などをはじめとする広範囲のリハビリ領域に至るので医療従事者を対象としています。

「健康予防アドバイザー」
この資格は主に企業の健康経営、健康関連事業、サービスに従事する方々もしくはこれから従事する予定の方々が対象で、広く一般に向け予防医学的見地から心と身体の相互メカニズムについて学べる社会人のための講座です。

歩行運動療法に用いる医療機器デバイス
製品名:ファンクショナルハーネスType1
第三種医療機器:一般的名称:非能動型簡易牽引装置
分類:一般医療機器
医療機器届出番号:13B3X10267000001

「歩行運動療法プログラム」の基礎となるエビデンス

来間 弘展1), 川口 司2), 西 武胤3), 山田 拓実1)
1) 首都大学東京 健康福祉学部 理学療法学科
2) JR東京総合病院 リハビリテーション科 3) ヒーリンクスジャパン

【目的】
歩行は日常生活において誰でも常に行われる動作であり、よい歩行パターンで生活を送ることは障害予防やリハ ビリテーションの効果を上げるためには重要である。日常の姿勢や歩行パターン改善する器具として、ハーネスがある。 このハーネスは、体幹と下肢をらせん状に結びつけ、姿勢の安定化を図るものである。今回、このハーネスを着用して、 歩行パターンがどのように変化するかを三次元動作解析装置を用いて検討することを目的とした。

【対象と方法】
<対象>
対象は、健常成人男性8名(平均年齢21.1±1.2歳、平均身長173.5±4.4cm、 平均体重66.3±7.3kg)で、 すべての対象者に実験の目的・手順・予想される危険性について説明し、実験に協力することに対する了解を得た。また本研究は首都大学東京荒川キャンパス研究安全倫理委員会の承認(承認番号18114 )を得て実施した。

<方法>
対象者は以下三種類の歩行を三次元動作解析装置(Vicon社製、サンプリング周波 数100Hz)および床反力計(Kisker社製フォースプレート、サンプリング周波数 1000Hz)を用いて計測した。
① 通常歩行
② ハーネス装着時歩行
対象者は①の計測後、ハーネス(ヒーリンクスジャパン)(図1)を着用し、装着直後に②の計測を行った。なお、歩行はすべて対象者の快適歩行にて行い、すべて5m歩行を5 回ずつ計測した。
三次元動作解析装置および床反力計より得られた三次元座標と床反力データを Bodybuilder (Vicon Motion System社製,Oxford, UK)を用いて、歩行時の関節 角度、関節モーメントを算出した。得られたデータをPolygon( Vicon Motion System 社製,Oxford, UK)に取り込み、5施行の平均値を算出した。

【結果】
歩行時のパラメータを表1に示す。ハーネスを着用すること により、ケーデンスと歩幅の増加を認めた。
また骨盤最大前傾角度は、通常歩行で4°、ハーネス着用で8°、最小前傾角度は通常歩行で3°、ハーネス着用で 6°であった。股関節最大屈曲角度は、通常歩行で26°、 ハーネス着用で28°であり、最大伸展角度は、通常歩行で 17°、ハーネス着用で15°であった。股関節屈曲最大モーメ ントは、通常歩行で0.6Nm/kgで、ハーネス着用で 0.5Nm/kgで、股関節伸展最大モーメントは通常歩行、 ハーネス着用とも1.0Nm/kgであった。

【結果】
ハーネスを装着することにより、骨盤は前傾を保ち歩行をすることが明らかとなった。股関節の伸展角度は減少し、屈曲角度が増加した。我々の以前の筋電図による研究では、歩行立脚初期の大殿筋筋活動は、ハーネス着用により増加した。ハーネスが大腿後面に回っていることにより、バンドが抵抗となり、大殿筋活動量は増加するが、伸展角度は減少するという現象が起こることが分かった。また立脚後期のハーネスの抵抗が股関節屈曲角度増加となって現れたのであろう。またハーネス着用により、姿勢が安定化し、歩幅を大きくしての歩行が可能となり、ケーデンスの上昇につながったと思われる。ハーネスを着用することにより、歩行効率の良い歩行となり、かつ理想的な歩行になる可能性が明らかになった。

【COI】
本研究は医療機器メーカー/株式会社ヒーリンクスジャパンが、中小企業振興公社医療産業助成事業の研究助成を受けて実施した。